【自己推薦入試】 岩波 暁

岩波暁 教育学部 【平成25年入学】
出身校:長崎県・鎮西学院高等学校

13-iwanami.JPG私は、長崎県鎮西学院高校から自己推薦入試で早稲田大学教育学部社会科地理歴史専修に入学しました。

しかし、高校では国公立大学への進学を目指すコースに在籍しており、私自身も国公立大学への進学を希望していました。卓球部にも所属していたため、勉強と卓球の生活を送っていた中で、高校3年時のインターハイ終了後に監督・コーチから早稲田大学自己推薦入試に関する話を聞き、資料もいただきました。早稲田大学にこのような入試制度があることに多少驚きました。具体的には一次審査と二次審査があり、一次審査は書類審査で二次審査は小論文試験と面接試験です。自分の学力に合った国公立大学への進学を目指していたので早稲田大学への受験は考えていませんでしたが、この入試制度なら一般入試よりも合格する可能性はあると思い、受験することに決めました。

その後一次審査の結果が発表され、何とか通過しましたが二次審査までわずか2~3週間だったため、急いで小論文対策を行い、国語科の先生や早稲田大学卓球部の先輩方に何度も添削していただきました。私自身も社会科の教科書や参考書を利用して勉強をしました。面接の練習についても早稲田大学卓球部の関係者の方々に協力していただき、社会科に関する知識や問題点、自分の考えなどを答えられるように準備しました。そして無事に合格することができました。

早稲田大学合格後は、国公立大学の合格も目指して勉強し、無事に合格することができました。私はどちらに進学をするか悩みましたが、勉強も卓球も十分にできる早稲田大学に進学することを決めました。現在は、学業や卓球を通して幅広い学識を身につけ、人間的に成長して社会に出ていくことを目標に大学生活を送っています。