山下浩平 スポーツ科学部 【平成26年入学】
出身校:東京都・早稲田大学高等学院

14-yamashita.JPG

私は小学生までサッカーをしていて、中学生から卓球を始めました。中学生の2年間は卓球中心の生活で過ごし、中学3年生から本格的に受験勉強を始めました。私の父親が早稲田大学の出身である点と早稲田大学卓球部が強豪であるという点から、高校受験の第一志望校も早稲田の付属校になりました。

受験勉強を始めた最初の方は勉強に全くついていけず、周りとの差をただ感じるばかりでした。しかし「早稲田に行きたい」という強い気持ちを持つことでなんとか周りについていくことが出来ました。

結果としては早稲田大学高等学院に一般入学することが出来ました。早稲田大学高等学院は早稲田大学の付属校なので、全員早稲田大学に行くことができます。私は受験勉強のない環境ということもあり、3年間卓球の練習に打ち込むことができました。また、高校の先輩が早稲田大学卓球部に所属していたこともあり、大学でも卓球部に入部しました。入部当初はトレーニングや練習についていくことが全くできませんでしたが、優しい先輩方と素晴らしい同期達に支えられて、現在も周りと切磋琢磨しながら練習に励むことができています。

私は「迷ったら大胆に」と「やるときは徹底的に」という二つの気持ちを意識しています。中学3年生の時、志望校を早稲田に決めた時に周囲から大きく反対されたことを覚えています。 また、その時には合格できるような学力はなく、模試の偏差値は40程度しかありませんでした。しかし、大胆な決断と「早稲田に入るんだ」という強い気持ちを持って努力を続けられたことが、自分の合格につながったと思います。

小笠原芽衣 文化構想学部 【平成27年入学】
出身校:東京都・早稲田実業学校高等部

15-ogasawara.JPG

私の通っていた中学校に早実から早稲田大学卓球部に入部した先輩がいたことが、わたしが早実を志望したきっかけです。

私は、勉強の成績と卓球の実績を利用する入試方法で早実を受験しました。しかし、中学のころあまり卓球の実績が残せていなかったので、夏の大会が終わってから学業と面接・作文の練習に励みました。その結果合格することができました。

早実はほとんどが早稲田大学に進学できるため、練習はもちろん自分の好きなことに思いっきり打ち込めるという素晴らしい環境でした。しかし部活の面では早実は指導者がおらず、自分の実力もあまり伸びることがなく、結果が出せなかったので、正直伝統があり強豪校であるこの早稲田大学卓球部に入部するのか、かなり悩みました。入部してからも、周りの選手は皆とても強く、本当にここでやっていけるのかという不安もありました。しかし今は、練習の環境がとても充実しており、部の雰囲気もとても良いので、入部して良かったと思っています。これからも文武両道を怠らず、自分の役割をしっかりと果たしチームに貢献していきたいです。


【(参考)卒業生の合格体験記はこちら】