【一般入試】 吉田秀喜

吉田秀喜 創造理工学部 【平成28年入学】
出身校:東京都・立川高校

16-yosida.JPG私が通っていた高校は進学校であり、全国大会や関東大会に出場できるレベルではなく、都大会に出場できるかどうかの実力ではありましたが、6月まで部活中心の生活を送っていました。6月以降は勉強中心に切り替えましたが、元々勉強をあまりしていなかったので、受験した大学はすべて不合格となり、浪人することを決意しました。

浪人生活中は、朝9時から夜の9時ごろまでみっちりと勉強をし、苦手をつぶしていくことをひたすら続けていました。浪人中は疲れて気分転換することも多々ありましたが、勉強しなくてはいけないという不安に駆られ、常にいつも緊張感がありました。夏休みに入り、苦手や理解不足の部分があったり、模試の成績が芳しくなかったりと悩みも多くありました。しかし、私は学校や塾の先生によくかけられた言葉、「日々目の前のことをしっかりと片付けていくように」という言葉を信じ、年明けまで頑張りました。その結果、私は無事に早稲田大学に合格することができました。

私は小さな目標を作り、日々自分が何をしているのか、何をすべきなのか、今の実力はどのくらいあるのかを意識しながら過ごしていました。そのためには1週間の行動予定表を日記に書いて、実行できたものは丸を付けていくなどをしました。受験に大事なことは、1日1日しっかりと行動していくことだと思います。勉強の予習復習は最低限のことではありますが、1日1日確認して進むことは、ほかの人と差を大きくつけられる部分であると思います。

入学後に私は早稲田大学卓球部に入ることを決めました。遅い時期に入部したのですが、部活の雰囲気は非常によく、楽しむときは楽しむ、練習はしっかり集中するなどメリハリがあります。部活と勉強の両立は1年時から大変ですが、それでもこれから4年間文武両道を目指して精進したいと思います。


【(参考)卒業生の合格体験記はこちら】