中間卓也 教育学部理学科生物学専修 【平成22年入学】
出身校:東京都 明治大学付属中野八王子高等学校

10nakama.jpg

私の通っていた高校は平日の練習時間が1時間半しかありませんでした。それなのでただ練習するだけでなく、自分には何が足りないのかを分析し、なるべくミスを少なくする練習をしてきました。また、その中でも勉強はきちんとこなして学校のテストではしっかり点数を取れるようにし、内申点を上げられるように努力していました。

インターハイが終わってからは気持ちを卓球から入試モードに切り替えて、小論文、面接の対策をたくさんするようにしていきました。小論文の対策は過去問題をこなすこと、新聞の記事から自分が考えることを論じる練習をしました。私は生物学専修に入学したいと考えていたので、選んだ新聞記事はなるべく生物学や環境に関するものを集めて、それらに関する分野の知識も増やしました。面接の対策は高校の先生方に考えてもらったものと、早稲田大学卓球部に行かせてもらい、実際に教育学部でどのような面接が行われたのかを聞いて対策を練りました。

大学に入学してから私は理系の学科にいるので授業数が多く、練習があまりできない日もあります。ですが、高校の時に短い練習時間でやってきたのでそこはあまり気になりませんでした。自分の中でうまく時間を作れるようにして、勉強も卓球も手を抜くことなくできています。

平舩亜美 社会科学部社会科学科 【平成22年入学】
出身校:岩手県立大野高等学校

私は自己推薦入試で社会科学部に入学しました。早稲田を受けようと決めてからは、より一層勉強に卓球に力を入れました。3年の8月の最後のインターハイまでは、とりあえず良い結果を出そうと毎日遅くまで練習に励み、インターハイが終わってからは勉強に力を入れました。

勉強の成績は日頃の成果なのでどうにもなりませんが、入試の際の小論文の練習はやればやるほど力がつきました。自己推薦の場合はどちらか頑張っていればよいというわけではないので、早稲田を受験すると決めるのならば、文武に励むことが必要でした。入試本番は、やってきたことを出した気持ちはありましたが、小論文の出来が自分ではとても悪く、確実に落ちたと思い落ち込んでいました。

しかし、晴れて合格することができ、いままでがんばってきて良かったなと思えることができました。けれども、頑張らなければいけないのは、これからなのです。自分の成長のためにと早稲田を志し、入学してきたわけなので、本当に頑張らなければいけないのは入学してからです。何においても、やるもやらないも自分次第です。やろうと思ったらいくらでも練習も勉強もできるし、サボろうと思ったらいくらでもサボれます。けれども、早稲田大学卓球部には高みを目指して入学してきた人たちばかりなので、切磋琢磨し合いながら、成長することができます。卒業の際に、早稲田に入ってよかったと心の底から思えるように毎日を過ごしていければいいと思っています。

平山真希 社会科学部 【平成23年入学】
出身校:愛知県・愛知工業大学名電高等学校

11hirayama.jpg

私は自己推薦入試で、早稲田大学社会科学部に入学しました。

早稲田大学を受験することを決めたのは、高校3年生の9月頃でした。勉強を本格的にやり始めたのも同じ頃で、他の受験生に比べると遅いスタートでしたので、とても焦りながら勉強をしていました。毎日、国語の先生に小論文の課題を出して頂き、添削をしてまた新しい課題に取り組むということを繰り返し行っていました。早稲田大学社会科学部の自己推薦入試は日本の社会について幅広いテーマの小論文が出題されます。ですから日頃の時事問題を勉強することや、これまでの日本の社会についての勉強を行い、どのようなテーマが出題されても自分の考えが書けるように準備をしていました。

面接に関しましては、とても多くの人に面接官役をして頂きました。どのような質問がきても答えられるようにすることと、その自分の答えに対して、どうしてそのように考えるのかを考えて答えられるように意識して練習をしました。

早稲田大学卓球部では部の1人1人が高い目標に向かって、日々の練習に励んでいます。また、私達はただ勝てばいいという考えではなく、人間的に成長していくということも大変重要視しています。ですから、先輩や監督にそのような面でも指導して頂き、学ぶことがとても多いです。厳しいと感じることもあるかもしれませんが、社会に出てから必要なことを卓球部の中で学ぶことができると感じています。

このような素晴らしい環境に感謝し、悔いの残らない大学生活ができるようにこれからも頑張りたいと思います。

佐藤菜月 社会科学部 【平成23年入学】
出身校:島根県・明誠高等学校

11sato.jpg

私は小学生の時から卓球を始め、卓球推薦で高校に進学しました。高校に入学した時から大学でも卓球を続け、関東の大学に進学したいと考えていました。そのため、卓球で良い成績を残すことはもちろん、勉強にも力を入れていました。

インターハイが終わり、受験を考えている時、早稲田大学に自己推薦入試という入試の形があることを知りました。今まで続けてきた卓球をアピールできるいい機会だと考え、受験してみようと決めました。早稲田大学と聞くと、勉強、卓球ともに非常にレベルが高く、はじめは正直自分が受験するというだけで信じられませんでした。

しかし、早稲田大学を受けると決めてからは、次第に入学したいという気持ちが強くなり、小論文対策や面接の練習にひたすら取り組みました。

私はスポーツ科学部、人間科学部、教育学部、社会科学部の4学部を自己推薦入試で受験し、12月の時点で社会科学部以外は落ちていました。このまま諦めるか迷った時期もありました。しかし、早稲田大学で卓球がしたいという気持ちと周りの方のサポートのおかげで投げ出さず、社会科学部に合格することができました。

今、私は早稲田大学に入学することができて本当に良かったと思っています。レベルの高い選手たちの中で毎日刺激を受けながら日々過ごすことができ、あの時諦めなくて良かったとつくづく感じています。これからは春秋リーグ戦優勝、インカレ優勝をチーム目標に、また個人としても良い成績が残せるよう、練習に励んでいきたいと思います。

藤山智史 スポーツ科学部 【平成24年入学】
出身校:鳥取県立米子東高等学校

12fujiyama.jpg

私の通っていた高校は県内でも有数の進学校でした。しかし、私は勉強をすることはほとんどなく、部活とクラブチームとで卓球の練習に励んでいました。そのおかげでインターハイには出場することが出来ましたが、引退したときには学校の成績は学年でも下から10番目くらいでした。

引退してからは卓球をすることはほとんどなく、勉強に打ち込みました。ですが、当然3年間の遅れを取り戻すことなど出来ず、志望していた大学に合格することは出来ませんでした。そこで私は浪人してもう1年間頑張ろうと決意しました。私はスポーツ科学部にセンター試験併用(競技歴)という入試方法で合格することが出来ましたが、この制度はセンター試験400点(英語+得点の高い2教科)に自分の競技歴200点を加えて計600点満点というものです。

私は浪人中にこの制度を知り、これなら早稲田大学に合格する自信がありました。晴れて合格したときには、伝統もあり強豪校として有名な早稲田大学の卓球部に入部してみたい気持ちと、とても強い人たちの中で私がやっていけるのかという不安で卓球部に入部するか迷っていました。今では入部して良かったと心から思っています。現在は、日々練習に励んでいますが、正直なところ卓球では部に貢献することは出来ません。ですが、サポートや仕事面なら自分でも貢献することが出来るので、自分の出来ることを精一杯頑張っていきたいです。

大原千里 国際教養学部 【平成22年入学】
出身校:千葉県 渋谷教育学園幕張高等学校

10ohara.jpg

私は父の影響で小学生の頃から卓球をしています。高校に入学してからも卓球部に入部し、毎日練習をしていました。高校の部活は強くはなく、県大会出場できれば良いくらいのレベルでした。進学校だったため、周りは部活より勉強を優先する傾向があり、私も高校3年生に上がるあたりから卓球よりも受験勉強を優先するようになりました。

現在私は早稲田大学の国際教養学部に所属しています。国際教養学部の入学試験の受験科目は英語、国語と選択科目1科目(数学、世界史、日本史のいずれか1つ)でした。私自身は数学を選択しました。英語の配点が他の科目より高く設定されているのがこの学部の入学試験の特徴です。入学試験は無事合格することができ、早稲田大学国際教養学部に入学いたしました。

大学入学後、体育各部の卓球部に入部しました。これまで卓球をしていながら、取り組み方が中途半端であったことが多かったので、大学卓球界トップの早稲田大学卓球部で頑張ろうと決意をしました。部員の多くはスポーツ推薦や自己推薦、指定校推薦で入学しており、一般入試で入部する人は少ないです。また、ほとんどの部員は全国大会に出場している選手で、周りとの大きな差を感じてしまいました。しかし、このような恵まれた環境で練習できることに感謝し、部に貢献できるよう努力しようと思いました。現在も日々、少しでも上達できるよう、厳しい練習に励んでいます。

太田ちひろ 文学部 英文学コース 【平成22年入学】
出身校:東京都 文化学園大学杉並高等学校

10ohta.jpg

私が本格的に早稲田大学の入試に向けて受験勉強を始めたのは、高3の夏、インターハイが終わってからでした。それまでは部活一筋で全く手をつけていなかったので、ラケットを置いたら一気に追い込もうと決めていました。高3の9月末からは予備校にも通い始めました。最初は自己推薦での入学を希望していたのですが、11月に自己推薦に落ちてしまったので、そこから一般入試に向けての勉強に切り替えました。この時点で早稲田大学への入学はほぼ諦めていたので、大学入学後は卓球を続けるつもりはありませんでした。とにかく大学に合格することが第一だったので、そこから入試まではラケットを握ることも一切なく勉強に打ち込みました。

そして受験が終わり、第一志望だった早稲田大学の文学部に合格することができました。卓球を続けるかどうか、また体育会の卓球部に入部するかどうかすごく悩みました。ですが半年ぶりにラケットを握った時、また卓球をやりたいと私自身が強く感じたのと、早稲田大学卓球部の活気あふれる雰囲気に魅力を感じ、卓球部への入部を決めました。早稲田大学卓球部は男女ともにレベルが高く、部員の多くが小中学生や高校生の時から全国区で活躍している選手です。そのような中で私がやっていけるのかと最初はとても不安でした。ですがそんなレベルの高い仲間たちに刺激され、支えられながら日々精進しています。これからもチームとしてのリーグ戦やインカレ優勝という目標に向けて、また個人としても今までより少しでもいい成績が残せるよう、頑張っていきたいと思います。

小松千尋 商学部 【平成21年入学】
出身校:兵庫県 滝川高等学校

09komatsu.JPG

高校時代は、兵庫県の滝川高校で、3年間卓球をしました。団体戦では、インターハイと全国選抜に2回ずつ出場し、個人戦では全日本ジュニアに1度出場しました。 

卓球をしながら勉強にも励み、指定校推薦制度を通じて、早稲田大学の商学部に入学することができました。大学ではレベルが非常に高いということもあって、卓球部に入るかどうか迷いましたが、大学のOBの方から温かい声をかけて頂き、レベルが高い中で自分も強くなろうという想いで、入部することを決めました。

早稲田大学の卓球部では、年に2回ある関東リーグ戦とインカレで優勝することと、個人戦で全国大会に出場することを目標に、練習に励んできました。私はレギュラーの選手ではないので、団体戦の時期は、出場する選手のサポートをすることが主な役割です。練習量が減ってしまう時期もあるのですが、選手のサポートをしてチームが勝った時には、私自身も大きな喜びを感じられます。2年生の時に、リーグ戦で春季・秋季連覇をしたことは一生の思い出になっています。早稲田大学卓球部の良いところは、普段は全員が練習を頑張り、そして団体戦の時期には、チームの優勝のために、皆が自分の役割を果たそうと努力するところだと思います。レギュラーの選手もそうでない選手も、全員が一丸となっているのは、早稲田ならではだと感じています。そんな良いチームでこれまで頑張れたことが、私自身の大きな誇りです。

今後も、秋リーグ優勝と、個人戦で全日学に出場することを目標に、より一層練習に励みたいと思います。

山本航平 教育学部 【平成23年入学】
出身校:東京都・早稲田大学高等学院

11yamamoto-ko.jpg

私は早稲田大学高等学院(以下、学院)から内部進学で教育学部数学科に入学しました。また、学院には自己推薦という入試制度を利用して受験しました。学院の自己推薦入試の受験資格は中学校9教科の5段階成績合計が40以上という条件で少し難しいですが、そのためか、2013年度の受験者数は198人で定員は100名なので、受験者の2人に1人は受かるという結果でした。大学の一般受験は約4~10倍ということを考えると、この推薦を利用して学院から早稲田大学に入るのも良い手段のひとつだと思います。

私が学院の自己推薦の面接で話した内容の柱となるものは2つありました。1つ目は、中学時代は生徒会長で、今までにない生徒会運営をしたことを話しました。2つ目は卓球部を作ったことです。私が中学に入学したときは卓球部がありませんでした。そこでどうしたら卓球部を作ってもらえるのかを昼休みに校長室に行き、校長先生に何度も相談した結果、翌年に卓球部を作ってもらうことができました。

高校時代、部活は強くありませんでしたが、少しでも強くなろうと一生懸命部活に取り組んできました。学院は早稲田の付属校ということもあり、大学の練習に参加させていただいたこともありました。そして、大学でも卓球を続けたいと思い、卓球部に入部しました。今ではレベルの高い早稲田大学で卓球をすることができて、とても充実した大学生活を送っています。