岩波暁 教育学部 【平成25年入学】
出身校:長崎県・鎮西学院高等学校

13-iwanami.JPG私は、長崎県鎮西学院高校から自己推薦入試で早稲田大学教育学部社会科地理歴史専修に入学しました。

しかし、高校では国公立大学への進学を目指すコースに在籍しており、私自身も国公立大学への進学を希望していました。卓球部にも所属していたため、勉強と卓球の生活を送っていた中で、高校3年時のインターハイ終了後に監督・コーチから早稲田大学自己推薦入試に関する話を聞き、資料もいただきました。早稲田大学にこのような入試制度があることに多少驚きました。具体的には一次審査と二次審査があり、一次審査は書類審査で二次審査は小論文試験と面接試験です。自分の学力に合った国公立大学への進学を目指していたので早稲田大学への受験は考えていませんでしたが、この入試制度なら一般入試よりも合格する可能性はあると思い、受験することに決めました。

その後一次審査の結果が発表され、何とか通過しましたが二次審査までわずか2~3週間だったため、急いで小論文対策を行い、国語科の先生や早稲田大学卓球部の先輩方に何度も添削していただきました。私自身も社会科の教科書や参考書を利用して勉強をしました。面接の練習についても早稲田大学卓球部の関係者の方々に協力していただき、社会科に関する知識や問題点、自分の考えなどを答えられるように準備しました。そして無事に合格することができました。

早稲田大学合格後は、国公立大学の合格も目指して勉強し、無事に合格することができました。私はどちらに進学をするか悩みましたが、勉強も卓球も十分にできる早稲田大学に進学することを決めました。現在は、学業や卓球を通して幅広い学識を身につけ、人間的に成長して社会に出ていくことを目標に大学生活を送っています。

加藤夏海 社会科学部 【平成26年入学】
出身校:秋田市立秋田商業高等学校

14-kato.JPG私は、秋田商業高等学校から自己推薦入試で早稲田大学社会科学部に入学しました。自己推薦入試は複数の学部の併願受験が可能なので、私は3つの学部を受験し、そのうち社会科学部と教育学部に合格することができました。教育学部は専門的な内容の勉強になってしまうので、それよりも社会科学部で様々な物事を広く学びたいと思い、社会科学部を選択しました。

私は5歳から卓球を始め、高校では全国大会上位進出を目標に練習に励んでいました。また、卓球だけではなく、勉強にも力を入れていて、文武両道を常に心がけていました。早稲田大学というと勉強・卓球ともレベルが高く、自分には遠い存在に感じていましたが、その環境のなかで文武両道を成し遂げている先輩方に憧れを抱き、受験を決意しました。

インターハイが終わった後は、受験の準備に力を入れました。まずは、小論文の必須テーマに関する知識を取り入れ、そのあとに高校の国語の先生に依頼し、小論文を書いて添削していただくという作業を繰り返しました。また、それと並行して新聞を毎日読み、要約してまとめていました。新聞を読むことは、現在の社会についての知識を積むことができる他、社説などの様々な問題に対する意見から自分の考えを広げていくことができ、面接・小論文に役立ちました。

早稲田大学に合格したことで、周りの方々のサポートの重要性を実感しました。受験するにあたって、協力してくださった先生や早稲田大学の先輩方、不安な時に支えてくれた両親にはとても感謝しています。入部してからは、レベルの高い選手たちと質の高い練習をすることができ、とても充実した毎日を送っています。チーム目標である春秋リーグ戦・インカレ優勝に加え、個人でも良い成績を残せるよう努力していきたいです。

深澤咲子 教育学部 【平成26年入学】
出身校:群馬県・樹徳高等学校

14-fukazawa.JPG私は、自己推薦入試で早稲田大学教育学部国語国文科に入学しました。

卓球は小学校から始め、高校では進学のために勉強にもしっかり取り組んでいきたかったので、特進コースに在籍しながら卓球と勉強の両立に励みました。そのような中で、私が早稲田大学を受験することに決めたのは、高校三年の8月下旬とかなり遅い時期でした。それ以前からずっと早稲田で卓球がしたいと強く思ってはいましたが、その反面、手が届かなく自分には無理なのではないかという気持ちと、受験失敗というリスクの高さなども考え、受験するという決心に至れずにいました。しかし、インターハイが終わり、改めて深く考えたところ、妥協して後悔だけは絶対にしたくないと思い、早稲田への受験を決めました。

それからの毎日は、志願理由書・小論文を書いては直す、という事の繰り返しでしたが、早稲田に受かりたい一心でひたすらに取り組みました。私は二次試験の時点で教育学部しか残っておらず、不安も大きくありましたが、逆にその状況を勉強することを一つに絞れると前向きに捉え、頑張りました。二次試験での出来は本当に悪く、試験が終わった日から一般受験への勉強にきりかえました。しかし結果は自分自身でも信じられないもので、はれて早稲田大学に合格することができました。私の高校での卓球の最高成績は県優勝で、最後の夏はシングルス県ベスト8と普通に考えれば、周りと比べ受かる確率は非常に低かったと思います。しかし、周りの方々の支えと、弱いながらに身を削って一生懸命やってきた今までの積み重ねが、合格に繋がったのだと思います。

早稲田大学に入学当初はレベルの高さを身をもって感じ、大きな劣等感におそわれました。しかし、今では少しずつ雰囲気にもなれ、尊敬できるチームメイトの方々から新しい発見と刺激をもらいながら、日々レベルアップを目指して頑張っています。

海崎泰世 教育学部 【平成27年入学】
出身校:福井県立高志高等学校

15-kaizaki.jpg

私は、福井県高志高校理数科から自己推薦入試で早稲田大学教育学部数学科に入学しました。早稲田大学に受験を決めたのは、高校三年生の夏でした。私の学校は進学校だったため、部活動と勉強の文武両道を第一に高校生活を送ってきました。小学校の時から卓球を始めてきたので、大学でも卓球を続け、そして学業にも力を入れたいと思い、早稲田大学を受験しました。

八月の終わりまで学校祭の準備などで全く勉強をしていなく、その時期になってから受験のことを真剣に考えたため、自己推薦の入学方式を周りより遅く知ることになってしまいました。出願まで残り一か月、二次審査の数学の試験までは残り三か月となり期間がぎりぎりになってしまいました。出願の際には志望理由書が必要で塾の先生に何度も添削してもらいながら作成しました。また、一次審査では4.0という出願条件ぎりぎりの評定で卓球の成績もそれほど良くなかったので落とされてしまうかと不安でしたが、何とか通ることが出来ました。二次審査の数学の試験と面接までは残り二か月でしたがそこから毎日数学の添削と面接の練習をしてもらいました。受験当日はここで落ちたら浪人という覚悟で、立ち向かった結果、無事合格することができました。これも学校や塾の先生など様々な方から支援をいただいたおかげであると思います。

早稲田大学卓球部に入部した時は、周りの選手のレベルが高すぎて本当に自分が卓球部でついていけるのかと思いましたが、今は少しずつ雰囲気にも慣れてきました。これからは、日々レベルアップをして、チームに貢献できるようにしていきたいです。

中窪康喜 教育学部 【平成28年入学】
出身校:静岡県・静岡学園高等学校

16-nakakubo.JPG私は自己推薦入試で早稲田大学教育学部国語国文学科に入学しました。

小学二年生の頃から卓球をはじめ、中学校に入学する時にはすでに早稲田大学で卓球し活躍することが自身の夢となっていました。そのため中学時代から文武両道を目指し、高校進学決定の際も早稲田大学合格に向けて受験環境の整った高校に入学しました。入学してからはまず、卓球で結果を残すことに尽力し、故障などと向き合いながら全国大会で上位進出することを目指してきました。それと同時に勉学においても、クラストップ達成を念頭に置き、努力してきました。卓球の方では結果が振るわず、思い悩むことも多々ありましたが、大会で早稲田大学の選手が活躍するのを見る度、その姿に憧れを抱き、何としてでも入学したいと、自分を奮い立たせてきました。

高校三年生になり、自己推薦入試があることを知った私は、かねてから将来成りたいと思っていた教員を目指す糧にもなると考え、教育学部国語国文学科の受験を決意しました。インターハイが終わった後は、併願を決めていた早稲田大学社会科学部や他大学を含め計三つの受験準備を本格的に始めました。まず過去問を入手し、必要となる専門的知識の種類を把握した上で、沢山の書籍や新聞を読み、要点を整理していきました。また、学校の先生方に添削の協力をして頂きながら、過去問を始め受験学科に関連する小論文の問題をやり込んでいきました。小論文や面接は、現時点の実力を明確に判断できる材料がないので不安もありましたが、自分に出来ることを常に探し、努力を重ねていくことで、受験前には大きな自信を得ることに繋がりました。

結果として合格できた時はとても感動し、やってきた甲斐があったと本当に思います。諦めることなく、ここまで突き進めることが出来たのは、離れていながら応援してくださった両親や恩師、身近で支えてくださった先生方、友人のお陰です。今私は、夢であった早稲田大学の一選手として、春季関東学生春リーグ戦にも出させて頂き、とても充実した日々を送っています。この良き環境で、文武共に更に高いレベルを目指し、努力していきたいと思います。


【自己推薦入試とは?】

【(参考)卒業生の合格体験記はこちら】