中間卓也 教育学部理学科生物学専修 【平成22年入学】
出身校:東京都 明治大学付属中野八王子高等学校

10nakama.jpg

私の通っていた高校は平日の練習時間が1時間半しかありませんでした。それなのでただ練習するだけでなく、自分には何が足りないのかを分析し、なるべくミスを少なくする練習をしてきました。また、その中でも勉強はきちんとこなして学校のテストではしっかり点数を取れるようにし、内申点を上げられるように努力していました。

インターハイが終わってからは気持ちを卓球から入試モードに切り替えて、小論文、面接の対策をたくさんするようにしていきました。小論文の対策は過去問題をこなすこと、新聞の記事から自分が考えることを論じる練習をしました。私は生物学専修に入学したいと考えていたので、選んだ新聞記事はなるべく生物学や環境に関するものを集めて、それらに関する分野の知識も増やしました。面接の対策は高校の先生方に考えてもらったものと、早稲田大学卓球部に行かせてもらい、実際に教育学部でどのような面接が行われたのかを聞いて対策を練りました。

大学に入学してから私は理系の学科にいるので授業数が多く、練習があまりできない日もあります。ですが、高校の時に短い練習時間でやってきたのでそこはあまり気になりませんでした。自分の中でうまく時間を作れるようにして、勉強も卓球も手を抜くことなくできています。

平舩亜美 社会科学部社会科学科 【平成22年入学】
出身校:岩手県立大野高等学校

私は自己推薦入試で社会科学部に入学しました。早稲田を受けようと決めてからは、より一層勉強に卓球に力を入れました。3年の8月の最後のインターハイまでは、とりあえず良い結果を出そうと毎日遅くまで練習に励み、インターハイが終わってからは勉強に力を入れました。

勉強の成績は日頃の成果なのでどうにもなりませんが、入試の際の小論文の練習はやればやるほど力がつきました。自己推薦の場合はどちらか頑張っていればよいというわけではないので、早稲田を受験すると決めるのならば、文武に励むことが必要でした。入試本番は、やってきたことを出した気持ちはありましたが、小論文の出来が自分ではとても悪く、確実に落ちたと思い落ち込んでいました。

しかし、晴れて合格することができ、いままでがんばってきて良かったなと思えることができました。けれども、頑張らなければいけないのは、これからなのです。自分の成長のためにと早稲田を志し、入学してきたわけなので、本当に頑張らなければいけないのは入学してからです。何においても、やるもやらないも自分次第です。やろうと思ったらいくらでも練習も勉強もできるし、サボろうと思ったらいくらでもサボれます。けれども、早稲田大学卓球部には高みを目指して入学してきた人たちばかりなので、切磋琢磨し合いながら、成長することができます。卒業の際に、早稲田に入ってよかったと心の底から思えるように毎日を過ごしていければいいと思っています。

平山真希 社会科学部 【平成23年入学】
出身校:愛知県・愛知工業大学名電高等学校

11hirayama.jpg

私は自己推薦入試で、早稲田大学社会科学部に入学しました。

早稲田大学を受験することを決めたのは、高校3年生の9月頃でした。勉強を本格的にやり始めたのも同じ頃で、他の受験生に比べると遅いスタートでしたので、とても焦りながら勉強をしていました。毎日、国語の先生に小論文の課題を出して頂き、添削をしてまた新しい課題に取り組むということを繰り返し行っていました。早稲田大学社会科学部の自己推薦入試は日本の社会について幅広いテーマの小論文が出題されます。ですから日頃の時事問題を勉強することや、これまでの日本の社会についての勉強を行い、どのようなテーマが出題されても自分の考えが書けるように準備をしていました。

面接に関しましては、とても多くの人に面接官役をして頂きました。どのような質問がきても答えられるようにすることと、その自分の答えに対して、どうしてそのように考えるのかを考えて答えられるように意識して練習をしました。

早稲田大学卓球部では部の1人1人が高い目標に向かって、日々の練習に励んでいます。また、私達はただ勝てばいいという考えではなく、人間的に成長していくということも大変重要視しています。ですから、先輩や監督にそのような面でも指導して頂き、学ぶことがとても多いです。厳しいと感じることもあるかもしれませんが、社会に出てから必要なことを卓球部の中で学ぶことができると感じています。

このような素晴らしい環境に感謝し、悔いの残らない大学生活ができるようにこれからも頑張りたいと思います。

佐藤菜月 社会科学部 【平成23年入学】
出身校:島根県・明誠高等学校

11sato.jpg

私は小学生の時から卓球を始め、卓球推薦で高校に進学しました。高校に入学した時から大学でも卓球を続け、関東の大学に進学したいと考えていました。そのため、卓球で良い成績を残すことはもちろん、勉強にも力を入れていました。

インターハイが終わり、受験を考えている時、早稲田大学に自己推薦入試という入試の形があることを知りました。今まで続けてきた卓球をアピールできるいい機会だと考え、受験してみようと決めました。早稲田大学と聞くと、勉強、卓球ともに非常にレベルが高く、はじめは正直自分が受験するというだけで信じられませんでした。

しかし、早稲田大学を受けると決めてからは、次第に入学したいという気持ちが強くなり、小論文対策や面接の練習にひたすら取り組みました。

私はスポーツ科学部、人間科学部、教育学部、社会科学部の4学部を自己推薦入試で受験し、12月の時点で社会科学部以外は落ちていました。このまま諦めるか迷った時期もありました。しかし、早稲田大学で卓球がしたいという気持ちと周りの方のサポートのおかげで投げ出さず、社会科学部に合格することができました。

今、私は早稲田大学に入学することができて本当に良かったと思っています。レベルの高い選手たちの中で毎日刺激を受けながら日々過ごすことができ、あの時諦めなくて良かったとつくづく感じています。これからは春秋リーグ戦優勝、インカレ優勝をチーム目標に、また個人としても良い成績が残せるよう、練習に励んでいきたいと思います。

藤原康明 社会科学部 【平成24年入学】
出身校:埼玉県・狭山ヶ丘高等学校

12fujiwara.jpg

私は、社会科学部の全国自己推薦入試という入試方式で早稲田大学に入学しました。全国自己推薦入試は、学業に加えて、スポーツや生徒会活動などの課外活動を総合的に判断し評価する入試制度です。私はこの入試方式の存在を高校1年生の時から知っており、当時早稲田大学のパンフレットを見たところ、自己推薦で入学した人の競技実績が、インターハイ優勝や、世界大会で何位、などと書かれていたために、自己推薦入試で早稲田大学に入学するのは無理であろうと半ば諦めていました。しかし、高校2年の時、当時早稲田大学卓球部3年であった矢野敬之さんに声を掛けていただき、感化され、「だめでもともと」、「落ちたら浪人すればいい」といった気持ちで自己推薦入試を受験しようと決意しました。

高校2年生の2学期からは、卓球で優れた成績を出すこと、各教科の評定平均値を上げること、小論文の力を上げることに全神経を集中させました。高校3年生のインターハイが終わった後は、小論文の勉強に特化しました。小論文の通信教育を受講し、また、高校の国語の先生や、矢野さんに小論文を何度も何度も添削をしていただきました。休日は十数時間にわたって学習をしました。実際、苦しかったですが、「早稲田で肩を組んで『紺碧の空』を歌いたい」という強い気持ちがいつも自分を奮い立たせてくれました。そして願いが叶い、長年にわたって憧れていた早稲田大学に合格することができました。

私の早稲田大学卓球部の印象は、人格的に陶冶された人が多くいるということです。或いは、そのような人々はこの素晴らしい環境の下で成長したのかもしれません。以前、先輩が「早稲田の卓球部に入ったら、みんな善い人間になっていく」と言われているのを耳にしたのですが、本当にその通りであると思います。私は早稲田大学卓球部に属していることを誇りに思うと同時に、更に向上しなくてはならない、と思わせてくれるような良い刺激を与えてくれるこの環境に感謝しています。

渡辺由佳 スポーツ科学部 【平成24年入学】
出身校:静岡県立静岡東高等学校

12watanabe.jpg

私は静岡東高等学校から自己推薦入試でスポーツ科学部スポーツ科学科に入学しました。早稲田大学の受験を決めたのは、高校2年の秋でした。私の学校は進学校だったため、部活動と勉強と文武両道を第一に高校生活を送っていました。幼稚園の時から卓球を始めてきたので、大学でも卓球を続け、そして学業にも力を入れたいと思い、早稲田大学を受験しました。

私がスポーツ科学部に入学できた理由として、1つ目は高校2年の際に千葉国体で5位入賞を果たしたことだと考えています。スポーツ科学部の自己推薦入試は、1次試験の書類審査で競技の戦績を書くため、それぞれのスポーツ競技で実績を残した高校生が受験します。そのため、全国大会での実績が良いほど有利だと考えられるのです。2つ目は、面接で、受け答えや自分の考えをしっかり言えたことだと考えています。スポーツ科学部ということもあって、スポーツのことはもちろん新聞やニュース、雑誌、できる限り知識を取り込んで面接に臨みました。

早稲田大学卓球部に入部してからは、レギュラーメンバーではなく、サポートする側ではありますが、チームを支えながら、自分の目標を達成できるよう日々練習を行っています。部員全員が切磋琢磨し合いながら春季、秋季秋リーグ、インカレ優勝に向け頑張っており、部活動と学業と両立し、充実した学生生活を送っています。