小松千尋 商学部 【平成21年入学】
出身校:兵庫県 滝川高等学校

09komatsu.JPG

高校時代は、兵庫県の滝川高校で、3年間卓球をしました。団体戦では、インターハイと全国選抜に2回ずつ出場し、個人戦では全日本ジュニアに1度出場しました。 

卓球をしながら勉強にも励み、指定校推薦制度を通じて、早稲田大学の商学部に入学することができました。大学ではレベルが非常に高いということもあって、卓球部に入るかどうか迷いましたが、大学のOBの方から温かい声をかけて頂き、レベルが高い中で自分も強くなろうという想いで、入部することを決めました。

早稲田大学の卓球部では、年に2回ある関東リーグ戦とインカレで優勝することと、個人戦で全国大会に出場することを目標に、練習に励んできました。私はレギュラーの選手ではないので、団体戦の時期は、出場する選手のサポートをすることが主な役割です。練習量が減ってしまう時期もあるのですが、選手のサポートをしてチームが勝った時には、私自身も大きな喜びを感じられます。2年生の時に、リーグ戦で春季・秋季連覇をしたことは一生の思い出になっています。早稲田大学卓球部の良いところは、普段は全員が練習を頑張り、そして団体戦の時期には、チームの優勝のために、皆が自分の役割を果たそうと努力するところだと思います。レギュラーの選手もそうでない選手も、全員が一丸となっているのは、早稲田ならではだと感じています。そんな良いチームでこれまで頑張れたことが、私自身の大きな誇りです。

今後も、秋リーグ優勝と、個人戦で全日学に出場することを目標に、より一層練習に励みたいと思います。

梅本聡 商学部 【平成25年入学】
出身校:兵庫県・滝川高等学校

13umemoto.jpg

私は、小学生の時から卓球をしており、高校でも三年間続けてきました。私が早稲田大学を志望した理由は、質の高い授業を受ける事ができ、自由な校風で充実した大学生活を送る事が出来ると考えたからです。 高校入学時に、部活は県で上位の学校で練習量がとても多い事は知っていたので、高二の前半位までは、必要最低限の事ではありますが、授業をしっかり聞く、宿題、定期考査の準備などに一生懸命取り組む事は欠かさず続けてきました。そして高二の秋位から志望校を探していた時に、学業のレベルや校風の良さなどから、自分が成長出来る所だと思い、早稲田を考える様になりました。

指定校推薦入試の内容は、面接、小論文です。そして高校の授業や定期考査に真面目に取り組む事が必要です。推薦入試の内容は特に変わった事をする必要は無いので、基本的な事を練習すれば大丈夫です。

試験に合格することができ、部活はレベルが高く入部するか迷いましたが、やはり卓球は続けたくて、一生懸命取り組める環境でやりたいと思い、入部を決めました。

現在私は、簿記の勉強や授業の準備をしながら、部活と両立していく事はかなり大変ですが、実力が無い私でも練習に取り組みやすい雰囲気の中でさせて頂いてるので、とても楽しく充実した生活が送れています。これからの四年間で、社会で通用する人になり、卒業時、早稲田で良かったと思える様に、学業、卓球共に頑張りたいと思います。