梅本聡 商学部 【平成25年入学】
出身校:兵庫県・滝川高等学校

13umemoto.jpg

私は、小学生の時から卓球をしており、高校でも三年間続けてきました。私が早稲田大学を志望した理由は、質の高い授業を受ける事ができ、自由な校風で充実した大学生活を送る事が出来ると考えたからです。 高校入学時に、部活は県で上位の学校で練習量がとても多い事は知っていたので、高二の前半位までは、必要最低限の事ではありますが、授業をしっかり聞く、宿題、定期考査の準備などに一生懸命取り組む事は欠かさず続けてきました。そして高二の秋位から志望校を探していた時に、学業のレベルや校風の良さなどから、自分が成長出来る所だと思い、早稲田を考える様になりました。

指定校推薦入試の内容は、面接、小論文です。そして高校の授業や定期考査に真面目に取り組む事が必要です。推薦入試の内容は特に変わった事をする必要は無いので、基本的な事を練習すれば大丈夫です。

試験に合格することができ、部活はレベルが高く入部するか迷いましたが、やはり卓球は続けたくて、一生懸命取り組める環境でやりたいと思い、入部を決めました。

現在私は、簿記の勉強や授業の準備をしながら、部活と両立していく事はかなり大変ですが、実力が無い私でも練習に取り組みやすい雰囲気の中でさせて頂いてるので、とても楽しく充実した生活が送れています。これからの四年間で、社会で通用する人になり、卒業時、早稲田で良かったと思える様に、学業、卓球共に頑張りたいと思います。

伊志嶺鷹啓 政治経済学部 【平成28年入学】
出身校:沖縄県・コザ高校

16-isimine.JPG私は小学校1年生の頃から卓球をしています。中学校と高校でも卓球部に所属し、県では上位の成績を収めていました。そして卓球の実力をより伸ばすことができ、勉強面でも高いレベルの授業で学ぶことで希望する職業選択を広げられる大学に行きたいと思い、早稲田大学を意識するようになりました。私が通っていた高校には早稲田大学の指定校推薦があることがわかっており、高校入学当時から推薦を獲得するために勉強と卓球の両立を目指しました。勉強面では、日頃の授業をしっかりと聞き提出物をしっかりと出す。そして、定期考査前には平均80点から90点を取れるように勉強しました。卓球面では、部活だけでなく部活以外のクラブなどにも参加し、練習量を増やしました。また、成年の選手とも練習することで技術の向上に努めました。勉強と卓球の両立を目指すさいに片方または両方がうまくいかず苦しくなる時期もありました。しかし、早稲田大学に行きたいという強い気持ちで苦しいことからも逃げずに我慢し、乗り越えていきました。

本気で早稲田大学に入学したいと決断したのは高校2年生のインターハイの時でした。早稲田大学の監督と直接話をし、早稲田大学卓球部は文武両道を目指していて、部活の雰囲気も学校の雰囲気もとてもいいと知り、決断しました。それからは、どんなに苦しいことも早稲田大学に行くためと考えることで乗り越えることができました。指定校推薦の枠が取れた以降は志願理由書や面接の対策をしました。試験は面接のみでしたので、早稲田の良さと自分の気持ちを伝えることを意識しました。

合格が決まってからは卓球の練習もしながら、入学後の勉強についていけるように基礎力を高めていきました。

学生時代の目標としては、部活では関東学生リーグ戦優勝に貢献し、勉強面では授業を休まず単位をしっかり取得し、文武両道を達成することです。


【指定校推薦入試とは?】

【(参考)卒業生の合格体験記はこちら】