大原千里 国際教養学部 【平成22年入学】
出身校:千葉県 渋谷教育学園幕張高等学校

10ohara.jpg

私は父の影響で小学生の頃から卓球をしています。高校に入学してからも卓球部に入部し、毎日練習をしていました。高校の部活は強くはなく、県大会出場できれば良いくらいのレベルでした。進学校だったため、周りは部活より勉強を優先する傾向があり、私も高校3年生に上がるあたりから卓球よりも受験勉強を優先するようになりました。

現在私は早稲田大学の国際教養学部に所属しています。国際教養学部の入学試験の受験科目は英語、国語と選択科目1科目(数学、世界史、日本史のいずれか1つ)でした。私自身は数学を選択しました。英語の配点が他の科目より高く設定されているのがこの学部の入学試験の特徴です。入学試験は無事合格することができ、早稲田大学国際教養学部に入学いたしました。

大学入学後、体育各部の卓球部に入部しました。これまで卓球をしていながら、取り組み方が中途半端であったことが多かったので、大学卓球界トップの早稲田大学卓球部で頑張ろうと決意をしました。部員の多くはスポーツ推薦や自己推薦、指定校推薦で入学しており、一般入試で入部する人は少ないです。また、ほとんどの部員は全国大会に出場している選手で、周りとの大きな差を感じてしまいました。しかし、このような恵まれた環境で練習できることに感謝し、部に貢献できるよう努力しようと思いました。現在も日々、少しでも上達できるよう、厳しい練習に励んでいます。

太田ちひろ 文学部 英文学コース 【平成22年入学】
出身校:東京都 文化学園大学杉並高等学校

10ohta.jpg

私が本格的に早稲田大学の入試に向けて受験勉強を始めたのは、高3の夏、インターハイが終わってからでした。それまでは部活一筋で全く手をつけていなかったので、ラケットを置いたら一気に追い込もうと決めていました。高3の9月末からは予備校にも通い始めました。最初は自己推薦での入学を希望していたのですが、11月に自己推薦に落ちてしまったので、そこから一般入試に向けての勉強に切り替えました。この時点で早稲田大学への入学はほぼ諦めていたので、大学入学後は卓球を続けるつもりはありませんでした。とにかく大学に合格することが第一だったので、そこから入試まではラケットを握ることも一切なく勉強に打ち込みました。

そして受験が終わり、第一志望だった早稲田大学の文学部に合格することができました。卓球を続けるかどうか、また体育会の卓球部に入部するかどうかすごく悩みました。ですが半年ぶりにラケットを握った時、また卓球をやりたいと私自身が強く感じたのと、早稲田大学卓球部の活気あふれる雰囲気に魅力を感じ、卓球部への入部を決めました。早稲田大学卓球部は男女ともにレベルが高く、部員の多くが小中学生や高校生の時から全国区で活躍している選手です。そのような中で私がやっていけるのかと最初はとても不安でした。ですがそんなレベルの高い仲間たちに刺激され、支えられながら日々精進しています。これからもチームとしてのリーグ戦やインカレ優勝という目標に向けて、また個人としても今までより少しでもいい成績が残せるよう、頑張っていきたいと思います。